HSP製実行ファイルのKillWinウイルス誤認識


 だいーぶ前に、多くのウイルス対策ソフトがHSP2に用意されてるコンパクト版拡張ランタイム「hsp2c.hrt」をトロイの木馬ウイルス「KillWin」と誤認識してしまう騒動があったけれど、再び起こったみたい。イメージ 1


 29日付けでHSPTV!にてアナウンスが・・・。



一部のウィルス検索ソフトが、HSP3.0の一部ファイルをウィルスであると誤認識する現象が報告されています。最新版である、HSP3.1を使用して頂ければこの問題は発生しません。現在、ソフトのベンダーに対応を要請しているところです。 詳しくは、 HSP ver2.61に対するウィルス誤認識についてのページを参照してください。


 ってなわけで、オンラインスキャン(ファイル単体)サイトで状況(30日夜11時)をチェック!! すでに対処が行われて誤認識が改善されてるウイルス対策ソフトもあるみたいですなぁ。イメージ 2



 JiangMin」は日本での商品名「ウイルスドクター」、「K7AntiVirus」は日本での商品名「ソースネクスト ウイルスセキュリティ」になります。あと「VirusBuster」とありますが、これはトレンドマイクロのウイルスバスターのことではないので注意。


無料ウイルス対策ソフト
 → Windows向け
 → Mac向け +有償製品版含む
 → Linux向け
無料オンラインスキャン
 → IE・Firefox用
 → ウイルス挙動解析サイト
 → サイト安全性診断・ウイルスチェック
無料駆除ツール
 → インストール作業なしウイルス駆除ツール