Yahoo!知恵袋より「クリックしたら効果音 を流す それか、音楽 の流し方」。音の再生手段は、HSP標準のmci命令やmmload命令、より良いパフォーマンスを望むならHSP拡張プラグイン(DirectX)など。


 必要となる音楽ファイルは、プログラムの起動段階であらかじめ読み込んでおきます。いざ再生したいときは、音楽再生処理の命令だけ呼ぶようにします。



  • 音楽ファイルを読み込む命令 → 起動直後に1度だけ呼ぶ

  • 読み込んだ音楽を再生する命令 → そのつど呼ぶ


  onclick gosub *jump


 mmload "sample\\demo\\se_tyuiin.wav", 0


 boxf 100, 100, 200, 200


 stop


*jump
 title ""+mousex+"x"+mousey+" / "+wparam


 if mousex > 100 & mousey > 100 & mousex < 200 & mousey < 200 {
  mmplay 0
 }


 return


 ここではmm~命令とonclick命令を利用してます。マウスクリックが行われた時、指定したラベルへとジャンプする割り込み命令です。wparam値をチェックすれば、マウスのどのボタンが押されたか知ることができます(左ボタンなら1、右ボタンなら2)。カーソル位置はHSPのシステム変数mousexとmousey。
 ループさせて、stick命令かgetkey命令でマウスクリックを捕らえる方法もありますな。