Microsoft Security Essentials・MSE ウイルス定義データ更新ファイルの中身は?

無料ウイルス対策ソフトの1つ Microsoft Security Essentials (MSE)のウイルス定義データ(VDM)とマルウェア検知エンジンはどうなってる?
 
更新用ファイルの内部をみてみると…
 
イメージ 1

ウイルス用スパイウェア用の2タイプの定義があって、それぞれにベースになる定義データと日々更新される増分用の定義データが確認できます。
 
アンチスパイウェア
mpasbase.vdm ... AntiSpyware Definition Database
mpasdlta.vdm ... AntiSpyware Definition Update (定義データの増分)

アンチウイルス
mpavbase.vdm ... AntiVirus Definition Database
mpavdlta.vdm ... AntiVirus Definition Database (定義データの増分)

《更新アップデート処理》
MPSigStub.exe ... Microsoft Malware Protection Signature Update Stub

マルウェア検知エンジン
mpengine.dll ... Microsoft Malware Protection Engine
 
拡張子VDMは「Virus Definition Module」を略したものみたい。
 
・ Microsoft Security Essentials ... ウイルス・スパイウェア対策ソフト
・ Microsoft Windows Defender ... スパイウェア対策ソフト
・ Microsoft Forefront ... 企業向け総合セキュリティ製品の総称

MSEのウイルス定義データ更新ファイルの頻度は?
無料ウイルス対策ソフトが対応してない機能を補完する?