VB100 award の結果 セキュリティソフト比較評価 (2011年4月)


 イギリスのセキュリティソフト評価機関Virus Bulletinが2011年4月分のVB100 awardを発表しやした~。2地域以上で報告があったWildListにのってる蔓延ウイルスを全部検出して、無害なファイル群から誤検出0な場合に授与されるもの。テスト環境はWindows XP。


 日本でよく知られてる対策ソフトはぜんぶ通過。


通過
AhnLab、avast!、AVG、Avira、BitDefender、Comodo、ESET、F-Secure、G Data、K7 Computing(ソースネクスト・ウイルスセキュリティ)、Kaseprsky、Kingsoft、McAfee、Microsoft、Sophos、Symantec、その他略


× 失格
Fortinet、その他略


* 今回は不参加
Rising(ウイルスキラー)


 フリーだと、ずっと連続失格状態だったKingsoftは通過。そして、Comodoも去年の参戦以来の連続失格状態から初の通過。WildList以外のウイルスの検出率はRAPテストの表や、avast!の報告を。
Excellent! First comparative with avast! version 6.0 (avast! Blog)


前回2011年2月のVB100結果 (テスト環境がLinuxだったので参加少なめ)
アンチウイルスソフト比較