マイクロソフトが無料で提供するウイルスチェック手段 大全集


 シェア9割でウイルスが蔓延するWindowsの生みの親マイクロソフト(Microsoft)が無料で提供してるウイルスチェック手段をいろいろウイルスチェック大全集にまとめてみました。


Microsoft Security Essentials (MSE) ... リアルタイムな脅威から護る常駐監視機能を搭載した無料ウイルス対策ソフト。家庭内で営利・非営利と、小規模企業パソコン10台までインストール可。 【ウイルス・スパイウェアなど、常駐監視あり】


Microsfot Safety Scanner (MSS) ... 簡易的なウイルスチェックツール。検出したウイルスファイルは駆除可能。MSEのスキャンエンジンと定義データを自分自身の実行ファイルに内臓していてインストール作業なし。スキャンし終わったらゴミ箱に捨てる使い捨て。 【ウイルス・スパイウェアなど】


Windows Defender ... スパイウェア専門対策ソフト。Windows Vista/7には標準搭載されてるも、メインのセキュリティソフトが可能してたら衝突しないよう自動的に無効化されてる。  【スパイウェアのみ、常駐監視あり】


悪意のあるソフトウェアの削除ツール ... 月1定例更新「WIndows Update」の際に配信される簡易的なウイルス駆除ツール。世界で広く蔓延し駆除が必要とマイクロソフトが判断したごく特定のウイルス・スパイウェアのみ検出して駆除する。 【ごく特定のウイルス・スパイウェア】


MSEユーザーじゃが、MSSやWindows Defenderは必要かね?
→ まったく不要です。ウイルススキャンエンジンやウイルス定義データが同じなので、導入する意味がないです。スパイウェアにも対応してるMSEを導入したら、Windows Defenderは自動的に無効化されます。


MSEユーザーじゃないんだが、Windows Defenderは必要かね?
→ まったく不要です。たとえばノートンウイルスバスターはスパイウェアに対応してるので機能が衝突してしまいます。セキュリティソフトを導入したら、Windows Defenderは自動的に無効化されます。


 上3つは、ウイルス定義データ、スパイウェア定義データは同じものが流用されます。





























ウイルススパイウェア常駐監視機能
Microsoft Security Essentials
(ウイルス・スパイウェア対策ソフト)
OOO
Microsfot Safety Scanner
(簡易ウイルスチェックツール)
OOX
Windows Defender
(スパイウェア対策ソフト)
XOO
悪意のあるソフトェアの削除ツール
(簡易ウイルスチェックツール)
(特定一部)(特定一部)X


無料無料