Windowsウイルス対策ソフトがChromeをウイルス誤検知 PWS:Win32/Zbot


d04f2290.png

無料ウイルス対策ソフト で知られる Microsoft Security Essentials (MSE) が、ネットサーフィンに欠かせないブラウザ Google Chrome を 「PWS:Win32/Zbot」 という検出名で脅威と誤って判定する誤検知のトラブル発生です。

「PWS:Win32/Zbot」 という脅威は何?

これはウイルス作成キットで知られる Zeus を使って作成されたもので、特にネットバンキング不正送金を主軸にした認証情報の搾取を行うマルウェア Zbot で有名です。


・ Problems with Microsoft Security Essentials (Google Chrome Blog)

https://chrome.blogspot.com/2011/09/problems-with-microsoft-security.html


・ Faulty Microsoft AV update nukes Chrome browser (ZDNet)

https://www.zdnet.com/blog/security/faulty-microsoft-av-update-nukes-chrome-browser/9515


マイクロソフトの発表によると、ウイルス定義データ 「1.113.672.0」 でトラブルが発覚し、約 3,000 台で Google Chrome の実行ファイル 「chrome.exe」 が意図せず駆除されたそうです。


ユーザーに対して謝罪しています。


NOTICE: September 30, 2011: MMPC has identified an incorrect detection for PWS:Win32/Zbot affecting Google Chrome. Signature version 1.113.672.0 or higher addresses the issue. More details are available here: PWS:Win32/Zbot.
https://www.microsoft.com/security/portal/Threat/Encyclopedia/Entry.aspx?Name=PWS:Win32/Zbot

01804fecff485199032ad666542e42a9
39d8c761bb316e84fd969713f51d226a24bac5e02963013591bfe95dfe836cab