Macトロイの木馬ウイルスFlashback 感染確認チェック&無料駆除ツール


 Mac OS Xターゲットのトロイの木馬型ウイルス・マルウェアFlashback(フラッシュバック)の感染確認ページや無料専用駆除ツール。すべてセキュリティ会社から提供されてるものです。 イメージ 1


Flashback感染確認ページ



Flashback専用無料駆除ツール



Flashbackマルウェアとは?
 2011年9月から配信されるようになったMac OS X向けマルウェア。当初は「Adobe Flash Player」のインストーラーを名乗っていたことがウイルス名は由来。アドビシステムズのロゴマークなどを勝手に使用し人間を騙してインストールさせる手法。


 配信はそのまま年を越し、2012年2月にJava for Macの旧バージョンにある脆弱性を悪用し半強制的にMacマシンへ感染させる手法に変更、さらに2012年3月中旬にJava for Macの未修正の脆弱性を悪用する手法を新たに導入。


 2012年4月2日になってセキュリティ会社エフセキュアが、Windows・LinuxなどのJavaは2月時点で対処済みだったがMacはまだというゼロデイ攻撃状態を指摘、セキュリティ会社ドクターウェブが4日に60万台以上のボットネット形成確認の発表で騒ぎは大きくなり、AppleはJava for Macの最新版を6日に急遽リリースし対処した。10日にAppleは去年9月以来Flashbackの存在を初めて紹介し、ボットを崩壊させるため駆除に乗り出す予定を発表している。