動作が軽いセキュリティソフト比較評価ランキング (AV-Comparatives)


 セキュリティソフト・ウイルス対策ソフトの第三者評価機関AV-Comparativesより2012年6月の動作パフォーマンステスト(動作が軽いランキング)が発表されとります。この評価テストは年2回実施され、これはその1回目。


 テスト対象は上位の総合セキュリティ製品になるので、無料ソフトの結果じゃなし。ちなみに、K7 Computing(ソースネクスト ウイルスセキュリティZERO)とSymantec(ノートン)は、今年2012年のAV-Comparativesに未参加。Microsoftは参加してますが、今回は総合セキュリティのお話なのでMicrosoft Security Essentials(MSE)は対象外。 イメージ 1


 比較テスト内容は下のような操作作業の処理時間と、ベンチマークの評価を加味してランキングしたもの。ランキングの詳細な点数とかは略してます。



  • ファイルのコピー

  • ファイルの圧縮・解凍

  • 音楽ファイルのエンコード・デコード

  • アプリケーションのインストール・アンインストール

  • アプリケーションの起動

  • ファイルのダウンロード

  • PCMarkを使ったベンチマークテスト


  1. Webroot ★★★

  2. avast!

  3. ESET

  4. Avira
    Sophos

  5. Qihoo

  6. Tencent

  7. F-Secure
    Panda

  8. BitDefender (ソースネクスト スーパーセキュリティZERO)
    Kaspersky

  9. AVG
    -----

  10. eScan ★★

  11. AhnLab

  12. McAfee

  13. GFI

  14. Trend Micro (ウイルスバスター)

  15. BullGuard

  16. G Data
    -----

  17. Fortinet

  18. PC Tools

 総合評価で、★3つがAdvanced+、★2つがAdvanced、★1つがStandard。報告レポート見ると分かりますが、Advanced+評価のセキュリティ製品群はベンチマークテストの結果差だけですな。


 あと、これを受けセキュリティ会社Panda Securityが出したプレスリリースの騙し表現に対してavast!が噛み付いてますよ。 イメージ 2


http://farm8.staticflickr.com/7150/6481658431_c825de1180_z.jpg


ホントに安くなった。。。 東芝の新品Windows 7ノートパソコンが5万円切りの衝撃