ウイグル人向けMacの標的型ウイルス攻撃OSX.Macontrol ダライ・ラマはMacユーザー


 ロシアのセキュリティ会社カスペルスキーが、中国のウイグル人をターゲットとしたメールによる標的型攻撃と、Mac OS X向けバックドア型ウイルス(Backdoor.OSX.MaControl)の亜種ってのを紹介してます。ウイグル語で書かれたメールで添付のZIPファイルmatiriyal.zipを解凍させて中身がウイルスアプリなので、手動で実行して感染してもらう手口。 イメージ 1<by 中国のハッカー!
New MacOS X backdoor variant used in APT attacks (Kaspersky)


> www.virustotal.com/file/480d7db822cbe5bda632d1bbf3e265942cfb4122e2b883cac3f5e9aa6bbe24bb/analysis/


 そして、Windows向け。
New MaControl variant targeting Uyghur users, the Windows version using Gh0st RAT (Alienvault Labs)


 あと、ぜんぜん知らんかったけれどチベットのダライ・ラマは、Macユーザー(所有してるのかは分からんけれど)であるという写真が。。。 だから、中国のハッカーはチベット人向けの標的型攻撃としてSabpab/SabPubウイルスをこしらえたワケね。



 まあ、どっちも一般のMacユーザーがごやっかいなるウイルスじゃないですが。


Mac OS X Lion無料なウイルス対策・セキュリティソフト





[追記...]
New Tibet Variant Found (Intego)
Обнаружен новый троянец для Mac OS X (Dr.Web)
OSX.Macontrol の新しい亜種が登場 (Symantec)