Mac用セキュリティソフトのウイルス検出率の比較評価2012年


オーストリアのセキュリティソフト第三者評価機関 AV-Comparatives が Mac OS 用セキュリテイソフト・ウイルス対策ソフト 7 種のウイルス検出率比較テスト 2012年10月 を公表しました。


こういう評価テストは Mac で初じめての試みで。Windows はもちろんのこと、日本人ターゲットまで登場し急増する Android と比べても、Mac OS での感染に起こり得るコンピューターウイルス (マルウェア) の数量は少ないです。


検出率の対象になったウイルス検体のサンプル数は、2011 ~ 2012年にかけての 477種 となります。


検体の大部分が、トロイの木馬 Flashback、偽セキュリティソフトで知られる FakeAlert (MacDefender ファミリ) のようです。

この 2 つは、ITメディアで取り上げられ 「蔓延」 という状況になった印象があり、セキュリティソフトの検出回避のため攻撃者はせっせと亜種を投入していました。

どちらもハッキング被害を喰らった正規のウェブサイト、海外フォーラム、Google 画像検索を介して、強制的にウイルス配布ページへと転送 (リダイレクト) させる攻撃手法が使われて、怪しくないサイトから意図せず誘導されてしまう展開です。

  1. avast! … 検出率 100%
    Avira
    ZeoBIT (Avira エンジン)

  2. Kaspersky … 検出率 98.5%

  3. ESET … 検出率 96.9%

  4. F-Secure 検出率 90.6%

  5. eScan 検出率 83.4%

ZeoBIT は、怪しいバナー広告を配信して導入を誘うことで話題の MacKeeper のことで、内部のウイルススキャンとしてドイツの Avira エンジンを採用しています。


名前を聞いたことがあるだけで知らない eScan はオリジナルでしょうか…?

Windows 向けウイルス対策ソフトに関しては、ルーマニアの BitDefender エンジンを採用している模様です。


macOS 向けの無料アンチウイルスソフト