ウイルス感染原因1位 Java 7 Update 10リリース ブラウザのJavaを一括無効できるように

イメージ 1
 
旧バージョンウイルス感染原因の1つとしてもっとも悪用されてるJava(JRE)の最新バージョンがリリース!

    ○ バージョン7系 → Update 10 (1.7.0_10)
  • ○ バージョン6系 → Update 38 (1.6.0_38)

セキュリティアップデートではないため、記事を書いてる時点で「Version 7 Update 9」「Version 6 Update 37」を満たせてないWinsowsパソコンは、偽セキュリティソフトスパイウェアが感染させ放題ってことになります。

ブラウザのJavaを一括で簡単に無効化できるように

バージョン7系ではセキュリティ機能としてブラウザのJava無効化を一括でできる機能が追加され、ウイルス対策として感染リスクを減らせます。


無効化してみると、各ブラウザのアドオン一覧からJava関連の項目がごっそりと消えて、無効というより完全にブラウザからJavaの機能を排除するんねぇ。

ブラウザ上で動かす「Javaアプレット」と「Java Web Start」が動作しなくなるけれど、「Javaアプリケーション」タイプのものは動作します。

ウイルス感染手段として使われるのは「Javaアプレット」ですよん。