偽通販サイトいっぱい 商品届かない詐欺被害が3倍! 自分の身は自分で守る?
 
特に2013年あたりから、より深刻な状態となってる偽通販サイトにおける詐欺被害…
 
http://www.asahi.com/articles/ASG625DNFG62UTIL020.html
朝日新聞 2014年 より一部引用
インターネットで注文した商品が届かない、というトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられる相談件数は昨年度、前年度の3倍になった。
背景には、詐欺的な悪質サイト増加のほか、注文が短期間に特定の業者に集中しやすいネット通販特有の傾向もあるようだ。

ネット通販で注文した商品が届かない「未着」に関する相談は、同センターによると2013年度に1万5364件と、12年度(5,262件)の約3倍、統計がある09年度(2,056件)の7.5倍に増えた。今年度も5月30日までに1,823件が寄せられた。

(~中略~)

日本通信販売協会(東京)に寄せられた悪質サイトの相談は13年度に3,829件と、12年度(1036件)の3.7倍。「未着」が約9割を占める。
同協会の八代修一・消費者相談室長は「実在の企業やネットショップをまねた偽サイトが増えている」。
初期の頃は、値段が通常ではありえない激安な価格設定になってる”高級ブランド品”をエサにした偽通販サイトが存在し、注文すると粗悪なコピー商品(海賊版)が海外からいちおう届くパターンでした。
 
ところが、次第に
  • 支払った購入代金を盗んで終わり! 商品を送らず届かないパターンへ
  • 実在する正規の通販サイトの文章や画像を丸パクリする偽通販サイト
  • 他の通販サイトの比較して”じゃかん”程度で格安な価格設定
  • 高級品ではない、数百円とか数千円といった生活日用品まで商品幅が
    (衣服、靴、自転車、サングラス、おもちゃ、楽器、ペット用品 など…)
といった傾向の偽サイトが増えてきて、結果として偽通販サイトに踏み込む通販目的のユーザーさんがより増えてしまってる感じ?
 
 
<追記始め...>
 
東京都の生活文化局は、都及び区市町村で受け付けた平成25年度分消費生活相談の概要を公表してます。
 
● 相談情報の統計・分析 (東京くらしWEB)
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/tokei/
インターネット通販(商品)に関する相談は、年々増加傾向にある。平成25年度は9,450件の相談が寄せられ、前年度の1.7倍となった。

このうち「代金を振り込んだが商品が届かない」「ブランド品の偽物が届いた」などといった詐欺的な契約に関する相談は、平成25年度は4,003件寄せられ、前年度の2.8倍と大きく増加している。

インターネット通販(商品)のうち、詐欺的な契約に関する相談について商品別で見ると、スニーカーなどの「運動ぐつは前年度の 4.5 倍、「腕時計」は前年度の3.5倍であり、増加が目立つ。

・ 相談の多い上位商品{運動靴(スニーカー)、婦人用バッグ、靴、財布、腕時計}
<追記終わり>
 

Amazon.co.jp | 通販 - ファッション、家電から食品まで【通常配送無料】
 

Yahoo!ショッピング - Tポイントが貯まる!使える!ネット通販

偽通販サイトを見分ける方法に関連したブログ記事