<解決>安全ではないサイトとして報告されています対処法 Edge IE11

Microsoft Edge、IE11ブラウザのアドレスバー「安全でない Webサイト」で赤くなり、「これは安全でないことが報告されている Web サイトです」警告画面が表示されてアクセス阻止ブロック遮断の対処方法。警告の無視でアクセスする解決方法も紹介。

ネットサーフィン中にビックリ仰天で驚くかも…。

次のような警告メッセージが表示された真っ赤な画面の正体は、ブラウザの Microsoft Edge あるいは Internet Explorer (IE11) に標準で実装されてるセキュリティ機能です。

Microsoft Edge 警告を無視してアクセスできる これは安全でないことが報告されている Web サイトです
このサイトは安全ではないサイトとして報告されています

このサイトは安全ではないサイトとして報告されています
ホスト元: [URL]
このサイトには移動しないことをお勧めします。この Web サイトには、個人情報や金融情報を盗み取ろうとする可能性のあるフィッシングの脅威が含まれていると Microsoft に報告されています。Microsoft Defender SmartScreen

Internet Explorer 警告を無視してアクセスできる これは安全でないことが報告されている Web サイトです
IE11 これは安全でないことが報告されている Web サイトです

安全でない Webサイト これは安全でないことが報告されている Web サイトです。
ホスト元: [URL] 無題な濃いログ
この Web サイトを閲覧しないことをお勧めします。この Web サイトは、個人情報や金融情報を盗み取る可能性のある、お使いのコンピューターへの脅威を含む Web サイトであると Microsoft に報告されています。Microsoft SmartScreen


  • Microsoft SmartScreen

  • Windows Defender SmartScreen
    Microsoft Defender SmartScreen

上のスクリーンショット画像は、アマゾンのフィッシング詐欺楽天カードや楽天ペイのフィッシング詐欺 を仕掛ける不正なサイトに故意にアクセスを試みた直後のシーンで、『これは安全でないことが報告されている Web サイトです』 『このサイトは安全ではないサイトとして報告されています』 として遮断されたのでした。 <ヒッ

安全でないことが報告されているWebサイトの脅威は何?

Windows ユーザーさんのアクセスを強制的に阻止する正当なブラウザ画面ということで、強制的にブロックされるタイミングは、次の 2つの脅威 が襲いかかる直前です。


【1】 フィッシング詐欺サイトのアクセス阻止

ネット通販サイト、ネット銀行、クレジットカード会社、オンラインゲーム、ウェブメールサービスなどを装った不正な偽ログインページに誘導して、次の情報を盗みとる フィッシングサイト のアクセスを阻止します。

  • ウェブサービスのアカウント
    ユーザー名、パスワード

  • 個人情報
    氏名、住所、電話番号など

  • クレジットカード情報
    クレカ番号、有効期限、暗証番号


【2】 ウイルス配布サイトのアクセス阻止


マルウェア、スパイウェア、トロイの木馬などを感染させる目的の 危険なウイルスサイト のアクセスを阻止します。


場合によっては、悪意のある第三者によって不正アクセスされる改ざん被害により 「ウイルス配布サイト」 に豹変した一般サイト、つまり ”怪しいサイト” ではない本来は安全なはずの正規サイト の場合もありえます。



フィッシング詐欺 or ウイルス配布 どっち!

「危険だから。それ以上先へ進むな!!!」 っていうことで、どちらの脅威で阻止したのか確認する方法は、警告画面の中ほどに見える [詳細情報] [詳しい情報] リンクをポチッとクリックしください。

イメージ 2
フィッシング詐欺が目的の Web サイト

イメージ 3
コンピュータウイルス配信が目的の Web サイト

○ フィッシングの脅威: これは、信頼されている Web サイトに偽装することによって、コンピューターのユーザーを騙して個人情報や金融情報を盗みとる試みを行っているフィッシング Web サイトです。無題な濃いログ

○ 悪意のあるソフトウェアの脅威: このサイトには、コンピューターに保存または入力された個人情報を悪意のある人間に漏らす可能性のあるウイルスまたはその他のソフトウェア プログラムへのリンクがあります。無題な濃いログ

誤判定? 警告画面を無視してアクセスする方法

問題ないサイトを 『これは安全でないことが報告されている Web サイトです』 『このサイトは安全ではないサイトとして報告されています』 と誤って判定している確信があるなら、どうすれば解決するでしょうか?

逃げ道の選択肢が警告画面に用意されてあるので、ご安心を。

  • このサイトに脅威が含まれていないことを報告
    → マイクロソフトに問題ないと報告して誤解を解く

  • 無視して続行 (推奨しません)。
    → 警告画面を無視して自己責任でアクセスする


それでも、『これは安全でないことが報告されている Web サイトです。』 『このサイトは安全ではないサイトとして報告されています』 の警告の対処方法は、そこにアクセスする義務でもない限り、訪問するのは断念した方がいいかも。


Microsoft SmartScreen 機能の無効化は危険

この警告画面が表示された場合の対処方法と称して、「SmartScreen を無効化する方法」 という安直な解決方法を紹介する記事を見かけます? <あくまで ”一時的” なら問題ないけど

ただ、無責任な指示に律儀に従って、SmartScreen 機能を無効にして、そのまま有効に戻すことなく放置すると、将来的に不正なサイトにアクセスした場面で何ら阻止されないから、普通に危ないですね。

特に、『これは安全でないことが報告されている Web サイトです』 『このサイトは安全ではないサイトとして報告されています』 の警告画面を受け入れつつ普通にアクセスできる解決方法に触れず、Windows のセキュリティ保護レベルを引き下げて終わる記事にご注意あれ。


不正なページを開くだけでウイルス強制感染も

ちなみに、「悪意のあるソフトウェアの脅威」 と判定された Web サイトの場合、次の条件を満たしていない Windows パソコン は ウイルス強制感染 の被害が発生するリスクがあります。

  • Windows Update 定例更新は最新の状態?
    マイクロソフト製プログラムに由来する攻撃手法を解消するセキュリティ対策

  • Chrome、Edge、Firefox ブラウザは最新の状態?
    ネットサーフィンに欠かせないブラウザに由来する攻撃手法を解消するセキュリティ対策

更新の放置はしておらず問題はないなら安心大丈夫♪

これはセキュリティ用語だと 「ドライブバイ・ダウンロード」 という手口で、特に Windows ユーザーさんが攻撃ターゲットになるから、感染条件を解消するため Windows PC の 無料セキュリティ診断無料ウイルス対策 はモノ凄く大事です。 

関連するブログ記事