初回投稿 2015年4月4日

SpyHunter 5評判と削除アンインストール方法3手順 詐欺サイト注意!

無料ではない有償のWindows向けウイルス駆除ツールSpyHunter(SpyHunter4/SpyHunter 5)とは? 導入したSpyHunterアンインストール削除方法、評判ない動作レビューで評価は。


実質的な開発拠点は欧州リトアニア。

次の名義で SpyHunter(スパイハンター) という名称の Windows 向けソフトウェアに巡り合った?

  • 米国 Enigma Software Group USA
    (エニグマ・ソフトウェア・グループ)

  • 欧州アイルランド EnigmaSoft Limited
    (エニグマソフト・リミテッド)

SpyHunter は販売価格 39.99 ドルの値札が付いた 有償 のウイルス駆除ツールです。 <SpyHunter は無料で使えるフリーソフトではない

【SpyHunter とは?】
SpyHunter は、マルウェアやトロイの木馬、ルートキット、悪意のあるソフトウェアなどの最新スパイウェアの脅威から確実に身を守る、順応性のあるスパイウェア検索・削除ツールです。また、SpyHunter には Spyware ヘルプデスクがあり、各 PC 特有のトラブルに対応したカスタムフィックスを行います。無題な濃いログ
このアプリケーションでは限定した機能だけがインストールされ、スキャンモードおよび診断モードはデフォルトで利用できます。全ての機能を使うには購入が必要です。デスクトップにはショートカットがインストールされ、アプリケーションは起動とともに自動的に立ち上がります。この動作を無効にしたい場合は、SpyHunter のインストール後に設定を変更すれば簡単にできます。無題な濃いログ

SpyHunter の評判を貶める手口

日本のソフトウェア紹介サイト Vector や窓の杜で SpyHunter が過去にレビューされた実績は一度もなく、評価のない SpyHunter を率先して導入しようと思うはずがありません。

だからといって、次のような脅威として SpyHunter の評判を断罪するつもりもありません。

× スパイウェア
× ウイルス
× アドウェア
× マルウェア
× 偽ウイルス対策ソフト
× 詐欺ソフト

一方で、SpyHunter には複数の海外業者が仕掛ける 常軌を逸した悪質な宣伝スパム が暗躍しており、誘導されるがまま SpyHunter 5 を意図せず PC にインストールするパターンがあります。

そんな SpyHunter の導入経路として、次の2つが考えられます。 <勝手に SpyHunter の強制インストールではない


《1》 駆除方法? SpyHunter の導入誘う詐欺サイト

ネット上には、ユーザーさんを言葉巧みに騙して、特定の有償製品をダウンロード → インストールするよう指図する セキュリティ情報サイトっぽく装った詐欺サイト が存在します。 <ステルス・マーケティング

この手の詐欺サイトは 「無料ダウンロード」 の宣伝文句で不自然に SpyHunter などを激しく猛プッシュしてきます。

~ 詐欺サイトで目撃できるダウンロードボタン ~

イメージ 10
「無料ダウンロードスキャナー」
「○○○駆除ツール」

イメージ 9
「ダウンロードの削除ツール」
「無料スキャン」


厄介なことに、Yahoo! や Google を使って脅威の名称、実行ファイル名、プログラム名、怪しい URL、エラー番号などをキーワードに調べると、検索結果には怪しい 詐欺サイト がドバドバとヒットしてウザいの何の。

【 jp ドメインな偽セキュリティ情報サイト URL】
http://uirusu[.]jp/
https://www.enigmasoftware[.]jp/
https://www.malwarerid[.]jp/




詐欺サイトの中身はどうなっている?

  • 偽のセキュリティ情報、問題が解決しない無意味な対処法がダラダラと
    セキュリティ用語をブッ込み、文量を意図的に増やして検索エンジンの順位付けを混乱させる
    知識のないユーザーさんがデタラメな内容を疑わずに鵜呑みにしてしまう危険性

  • 原文の英語から機械翻訳を噛ましただけの意味不明な記事を大量生成
    文法もあったもんじゃない怪しい変な日本語の文章で溢れ返る

  • ページ途中に有償製品のダウンロードボタンが目に飛び込む仕掛け
    有償製品をインストールさせる宣伝目的しかない


《2》 広告インストーラで SpyHunter 導入提案

海外系フリーソフトが採用する広告インストーラに SpyHunter の同時導入提案が表示されるパターンを確認しています。

イメージ 4
中国 Anvsoft.Inc の Any Video Converter

インストール画面で SpyHunter を導入する趣旨の案内が目に見えてキッチリ表示されています。

こういう無視してはいけない場面で、ユーザーさんが拒否せずに右下ボタン (=同意) をポンポンポン押して先へ進めると、SpyHunter が 勝手にではなく インストールされます。 <SpyHunter を受け入れたらどうにもならん

ここに注意! SpyHunter の評価レビュー

手元の Windows PC に実際にインストールした SpyHunter の評価レビューです。


SpyHunter5 のスクショとファイル構成

イメージ 12
SpyHunter 5 メインウィンドウ

【SpyHunter5 ファイルとフォルダー】
C:\Program Files\EnigmaSoft\SpyHunter
C:\Program Files\EnigmaSoft\SpyHunter\ShKernel.exe
C:\Program Files\EnigmaSoft\SpyHunter\ShMonitor.exe
C:\Program Files\EnigmaSoft\SpyHunter\SpyHunter5.exe
C:\sh5ldr
C:\ProgramData\EnigmaSoft Limited
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\EnigmaSoft
C:\Users\Public\Desktop\SpyHunter5.lnk Firefly

SpyHunter 4 のスクショとファイル構成

イメージ 1
SpyHunter 4 メインウィンドウ

【SpyHunter4 ファイルとフォルダー】
C:\Program Files\Enigma Software Group
C:\Program Files\Enigma Software Group\SpyHunter\SH4Service.exe
C:\Program Files\Enigma Software Group\SpyHunter\SpyHunter4.exe
C:\sh4ld
C:\spyhunter.fix
C:\ProgramData\Enigma Software Group
C:\Users\[ユーザー名]\Desktop\SpyHunter.lnk
C:\Users\[ユーザー名]\Start Menu\Programs\SpyHunter Firefly



トラッキングクッキーを検出する SpyHunter

SpyHunter 4 は、ネット上の広告表示やアクセス解析などに関連した トラッキングクッキー(追跡クッキー) と呼ばれるテキストファイルを脅威として検出します。

イメージ 3
何か大量に感染しているぞ!?
→ すべて Cookie ファイルの笑撃

  • Cookie ファイルが PC から検出される原因は?
    原因も何もなく、主要なブラウザの標準機能として Cookie ファイルを受信する
    → 犯人は Gogole Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Internet Explorer 11

  • ブラウザは Cookie ファイルをどう扱う?
    Cookie ファイルを受信するオプションは ブラウザの設定で最初から有効 になっている
    普通にネットサーフィンしていると Cookie ファイルは PC にドンドン取り込まれる
    → 各ブラウザの設定画面で不必要な Cookie ファイルを手動で削除することも可能

ネットサーフィンに欠かせないブラウザが Cookie ファイルを ”感染” させている事実を差し置いて、SpyHunter は何か脅威を検出したかのよう誤解を誘うミスリードな表現で警告してきます。

  • [Cookie 配信媒体名] ([数字]  感染)

  • Spyware cookie


誤検出の上でファイルを大量カウント

SpyHunter 5 は Google Chrome の拡張機能の1つで、コンテンツブロッカーの仕組みを提供する uBlock Origin を 「WorldSearchPro.com」 という脅威で検出しました。 

イメージ 11
Chrome の拡張機能を SpyHunter が検出!?

これは、恐らく SpyHunter 5 の誤検出でしょうか?

まあ、誤検出することは横に置いておくとして、uBlock Origin の配布パッケージ (内部的には .zip 書庫) に含まれているファイルやフォルダーのすべてをキレイにカウントした上で、SpyHunter 5 の診断結果では 「324オブジェクトの感染」 とブチ上げてきました。 <オイオイ~

これは、脅威数の水増し につながる巧いトリックであり、より多くの問題を抱えているかのようユーザーさん惑わせる SpyHunter のアグレッシブな仕様に注意が必要です。


6ヶ月の使用権、料金支払いは自動更新

最初に触れたように SpyHunter は無料ではなく有償製品です。

イメージ 2
スキャン完了後に 「今すぐ登録!」 として購入の提案場面

未登録のバージョン 今すぐ登録! Firefly SpyHunterの完全版を登録する。SpyHunterの削除機能をご利用いただくには、完全版を購入する必要があります

イメージ 3
カナダの決済代行 SafeCart.com を介した料金支払いページ

SpyHunter は、6ヵ月ごと のスパイウェア検出/除去の定期サービスです。
本サービスを購入されることにより、お客様は弊社のスパイウェア・ヘルプデスクから継続的なスパイウェアからの保護、スパイウェアの定義、プログラムアップデート、および特定のスパイウェアの問題に対応した修正および先進的な技術サポートを受ける利便性のために自動更新に同意することになります。

ソフトウェア利用許諾契約を確認すると、サブスクリプション契約ということで 6ヶ月 という期間が明示されています。

イメージ 6
「4. RENEWALS.」
www.enigmasoftware.com/spyhunter4-eula/

イメージ 14
「4.3. Price and payment.」
www.enigmasoftware.com/spyhunter5-eula/

【サブスクリプション契約 とは?】
最初の料金支払いだけで有償ソフトウェア製品を完全に買い取った 「買い切り」 タイプとは異なり、1ヶ月・半年・1年といった 「一定の期間だけソフトウェア製品を使用できる権利」 を購入して料金を支払う契約体系のこと 無題な濃いログ

これは仮に SpyHunter をクレジットカード決済して購入する契約をした場合、それっきりでは終わらないことを意味します。

というのも、SpyHunter の自動更新の停止や解約作業をユーザーさん自ら行わない限り、SpyHunter の 更新料の引き落としが半年ごと に継続して発生するからです。

  • 海外製の SpyHunter は日本の法律は適用されない
    → SpyHunter4 の契約は米ニューヨーク州法、SpyHunter5 の契約は欧州アイルランドの法律に基づく
    海外ショッピングなので自己責任ネ

  • SpyHunter ユーザーサポートの対応言語は英語
    → 当然だけど、日本語は通じないデス

ただ、そういう要件は SpyHunter インストール時にキッチリ確認があり、それをユーザーさんが理解し納得して SpyHunter の導入に GO サインを出しているワケだから、後になって ”聞いていない” とか ”知らなかった” とか文句は言えません。

イメージ 13
SpyHunter インストール時に許諾契約の確認画面
読んでいないという言い訳が通用しない

もちろん、SpyHunter を買うかどうかは個人の自由でしょ。

SpyHunter の削除方法でアンインストール

別にクレジットカード決済や PayPal 決済での購入作業は行っておらず、不要になった SpyHunter4 や SpyHunter5 を Windows からアンインストールして削除する方法3ステップで紹介です。


【1】

SpyHunter のウィンドウ右上の×ボタンは、単にプログラムが常駐して終了せず意味ないです。

まず、動作している SpyHunter をちゃんと終了させましょう。

イメージ 5
SpyHuner の終了はタスクトレイから

具体的な作業として、Windows のタスクトレイの 通知領域 → SpyHunter のアイコン上で右クリック → メーニューから [Exit](終了) をポチッとな


【2】

次のどっちかアンインストールの作業をするよっと♪

Windows のコントロールパネル → [プログラムと機能] で 「SpyHunter 4」(発行元 Enigma Software Group USA, LLC Firefy)、「SpyHunter 5」(発行元 EnigmaSoft Limited Firefy) をアンインストールするっとな

○ {SpyHunter5 の場合} Windows のスタートメニュー → [すべてのプログラム] → [EnigmaSoft] → [Uninstall] をポチッとな

○ {SpyHunter4 の場合} Windows のスタートメニュー → [すべてのプログラム] → [SpyHunter] → [Uninstall SpyHunter] をポチッとな


【3】

ウィンドウ画面が表示されて、『本当に続行しますかは? セットアップはコンピュータから下記の製品を削除します: SpyHunter 4 SpyHunter 5 Firefly』 が表示されたら、[はい] ボタンの方をポチッとな

イメージ 7

割引オファーのウィンドウ画面に注意!

SpyHunter の削除処理が始まる直前に 「WAIT! BEFORE Y0U UNINSTALL... 限定キャンペーン! 75%OFF」 なる賑やかなウィンドウ画面が表示されて、SpyHunter のアンインストール作業を引き止めてくる?

イメージ 2
無料ではない SpyHunter 特別価格10ドルに!?

ここは応じることなくキッチリ無視して、SpyHunter の [アンインストールを続行する] ボタンの方をポチッとな。

なお、SpyHunter のアンインストールが完了すると、直後に Windows パソコンを再起動するよう促す確認ダイアログが表示されます。


SpyHunter アンインストールできない!?

手元では SpyHunter が削除アンインストールできないトラブルは確認しとらんけれど、無料で使える アンインストール支援ツール を使って SpyHunter の強制削除を試してみます?



関連するブログ記事