【詐欺】service@paypal.com迷惑メール フィッシングサイト誘導に注意

computer_hacker



日本でもよく知られてる米国の決済サービス PayPal(ペイパル) を勝手に名乗って成りすます英語表記な 迷惑メール(スパムメール) を紹介します。

イメージ 1
PayPalを名乗る英語のメール
件名 Please Review Your PayPal Information !
送信者 service@paypal.com

PayPal Secure
Notice of changes to the PayPal user agreement.
Dear Customer,
Log in to your PayPal account as soon as possible
We have recently encountered a problem in your account. when you created your PayPal account to make sure you're the account holder Click the Activation link and Follow the instructions. !
ACTIVATE ACCOUNT
Get more out of your account
Now is the time to make your PayPal account even more useful:
イメージ 2 
件名 Your Account Will Be Limited
送信者 service@paypal.com

Your Account Will Be Limited.
Dear customer,
Your Account Will Be Limited , Until We Here From You . To Update Your Info . Simply click on the web address below (or copy and paste the link into your browser):
{Update Your Info}
Update Your Account Update Now
メールの差出人は service@paypal.com となっていて偽装されてます。

そして、本物の PayPal の企業ロゴや色使いからパッと見では PayPal から送られてきたもっともらしい通知のように見えてしまうので危ないです。

PayPalカウントでトラブル発生!?

英語のメール本文では 『あなたのPayPalアカウントでトラブルが発生したから今すぐアクセスして~』 ってな内容の意味で、心理的に焦らせて誘導リンクを踏ませようと企んでます。

この手の怪しげなメールを受け取るとメールが本物か偽物か、誘導リンクを踏もうか踏まないか悩むユーザーさんいるやもしれんけど、メールなぞサッサと無視して公式サイト paypal.com へ直接アクセスするだけで万事解決です。

誘導先は PayPal 装う偽サイト

試しに誘導先へ突撃してみると、PayPal のロゴマークをこしらえて完璧に偽装されてる 『Confirm Billing Information』(=支払い情報の確認) なるページでした。 <見た目のデザインでは気づけない

イメージ 3
 
氏名、生年月日、住所、電話番号の入力フォームが用意されてるのでデタラメ個人情報を入力し次へ進めると、今度はクレジットカードの情報を送信しろと。

イメージ 4

個人情報&金融情報がサイバー犯罪者の手に渡ってしまうことになります。

フィッシングサイトの見分け方は ブラウザのURLアドレス を確認するだけで、PayPal の公式サイトでも何でもないことがすぐ分かります。
関連するブログ記事