【危険】IE12日本語版ブラウザのダウンロード方法? 偽の最新バージョンに注意

イメージ 3

偽の情報でユーザーさんをダマす口実はいろいろあります。

たとえば、マイクロソフトが手掛ける Internet Explorer(IE)バージョン12 (IE12) と称した 実在しないブラウザ を紹介する日本語表記の怪しいページを確認しています。 8b65953f.gif

イメージ 4
Soft222? IE12ブラウザ?

【怪しい情報を提供する注意サイト】
http://www.soft222[.]com/internet-explorer-12

コレを見て 「えぇー?」 と困惑しました。

というのも、Wikipedia などを参照してもらえば明らかだけど、マイクロソフトが正規に提供する Internet Explorer ブラウザのバージョン状況は次のようになっているからです。

aaクリップボード
IE11 最新バージョン11.x
最終バージョン

> https://ja.wikipedia.org/wiki/Internet_Explorer

IE12 日本語版ダウンロードは不可能! Microsoft Edge へ

Internet Explorer 11(IE11) は、2019年時点で開発や更新自体は継続中です。

  • セキュリティ関連の脆弱性を解決する

  • バグ/不具合を修正する

ただし、新たにアップデートやバージョンアップされた IE12 がマイクロソフトから公式にリリースされた事実は存在しない し、さらに IE12 が将来的にリリースされる予告もいっさい行われてません

  • IE11 → 利用可能な最新バージョン、かつ IE ブラウザシリーズの最終章

  • IE12 → 英語版や日本語版は存在しないからIE12はダウンロード不可能!
  • IE13 → 英語版や日本語版は存在しないからIE13はダウンロード不可能
  • IE14 → 英語版や日本語版は存在しないからIE14はダウンロード不可能
  • IE15 → 英語版や日本語版は存在しないからIE15はダウンロード不可能

Yahoo! JAPAN 検索の関連キーワードを見てみると、実在しない IE12 ブラウザをダウンロードしようと調べているユーザーさんがそれなりにいる感じ?

イメージ 5

[IE12 ダウンロード 日本語版] [IE12 最新バージョン] [IE12 Windows7] [IE12 Windows10] [IE12 インストール] [IE12 Win7] [IE12 Win10] [IE12 ダウンロード Win7] [IE12 バージョンアップ] [IE12 リリース] [IE13 ダウンロード 日本語版] [IE14 ダウンロード] …


標準ブラウザは Microsoft Edge へ

なお、Windows 10 の標準ブラウザは Internet Explorer から Microsoft Edge に切り替わってます。

  • Microsoft Edge for Windows 10

  • Microsoft Edge for Windows 7 ベータ版
    Microsoft Edge for Windows 8.1

https://www.microsoftedgeinsider.com/ja-jp/

そして、いつか開発終了を迎えるかもしれない Internet Explorer は、サブブラウザという扱いになってると。

Edge と IE:まるっと理解する、Windows 10 に搭載される Web ブラウザーについて
Internet Explorer 11 が搭載されるのは、過去の Internet Explorer 向けに作られた Web コンテンツに対し後方互換性を提供するためです。Internet Explorer 11 は、従来からのドキュメントモードや、このバージョンから追加されたエンタープライズモードなど、後方互換を確保するための機能が搭載されています。
後方互換性保持の目的で搭載されているため、今後はバージョンアップが行われない予定です。
https://blogs.msdn.microsoft.com/osamum/2015/08/07/

…ってことで、あり得ない 「IE12 最新バージョン ダウンロード」 「IE13 ダウンロード 日本語版」 と称して Windows ユーザーさんを誘惑しておいて、インストーラを装ったマルウェアや アドウェア を掴ませる…。

そんなストーリーを極悪人が思いつくかもしれないのでご注意くださされ。


フリーソフトや有償製品の名前を悪用して、不正なブツをダウンロードさせる危険なオンラインソフト紹介サイトは以前からら確認されてます。


ところで、怪しい情報を発信していた soft222[.]com にて記載されてある日本語の文章をテキト~にググってみると、衝撃的な事実が分かりました。

どうもソフトウェア紹介サイト Softonic.jp(ソフトニック) の紹介文をすべてコピーしてパクってるだけです。
 
イメージ 1
明らかに文章をコピペして盗用してる証拠

加えて、実在しない ”IE12” ブラウザを紹介するインチキ情報ページは、実際には Softonic.jp が IE10 ブラウザを紹介した時の記事 がオリジナルの文章でした。

オリ
『Windows 7向け次世代ブラウザーInternet Explorer 10のRTM版が登場』

パク
『Windows 7向け次世代ブラウザーInternet Explorer 11のRTM版が登場』
『Windows 7向け次世代ブラウザーInternet Explorer 12のRTM版が登場』

ここに名前が挙がっている 「IE11 RTM版」 「IE12 RTM版」 というのがそもそも存在しません。

これは間違いなく、バージョンの数値 「10」 を 「11」「12」 に書き換えただけのパクリです。 <意図的?


ドメイン保有者がお隣の…

さてさて、この soft222[.]com のメイン保有者はいったいダレなのか、WHOIS情報を引いてみると…