パスワード・クレジットカード情報の保存を無効化する方法 Chrome/Edge/Firefox

Chrome、Firefox、Microsoft Edgeブラウザに保存されているログイン情報パスワード丸見え問題の対処方法。ウイルス感染マルウェアで流出・漏洩する前にパスワード保存オートコンプリート機能を無効にするセキュリティ対策。

Windows パソコンでネットサーフィン時に欠かせないインターネット・ブラウザ…。

  • Google Chrome

  • Microsoft Edge

  • Mozilla Firefox

  • Internet Explorer 11

これらブラウザには、ウェブサービスのログイン情報として 「ユーザー名」 & 「パスワード」 を保存して、ユーザーに代わって覚えておいてくれる パスワード マネージャー機能 が実装されています。

〔別名〕
オートコンプリート機能
フォームの自動入力機能
オートフィール機能 (Autofill)


ブラウザのパスワード丸見え問題

パスワード マネージャー機能は便利な一方、Windows パソコンがマルウェア・トロイの木馬・スパイウェアに感染した場合、攻撃者に真っ先に盗まれてしまう危険なリスクが存在します。

  • Google ChromeMicrosoft Edge
    ブラウザの設定用フォルダーにパスワードを保存したファイルを出力する
    → マルウェアを使った攻撃で第三者がパスワードを盗むことができる

  • Mozilla Firefox
    ブラウザの設定用フォルダーにパスワードを保存したファイルを出力する
    → マルウェアを使った攻撃で第三者がパスワードを盗むことができる
    → マスターパスワードを活用すると盗まれたデータの悪用は阻止できうる

  • Internet Explorer (IE11)
    Windows のレジストリにパスワードを保存する
    → マルウェアを使った攻撃で第三者がパスワードを盗むことができる

マルウェアの侵入を 100% 確実に防ぐ自信があるなら、「ユーザー名」 と 「パスワード」 が流出する心配はないだろうけど、あらかじめ最悪の事態を想定したセキュリティ対策は重要です。

【パスワードを簡単に閲覧できる外部フリーソフト】
IE PassView … Internet Explorer 用
PasswordFox … Mozilla Firefox 用
ChromePass … Google Chrome、Microsoft Edge 用
WebBrowserPassView … 主要なブラウザ全般に対応

ブラウザのパスワード保存を無効にするウイルス対策

パスワードが保存されている状態は、攻撃者の視点からすると 「ログイン情報を盗めてラッキー♪」 と言えます。

そこで、認証情報を保存しないようパスワード マネージャー機能を無効化するウイルス対策がコチラ!


Microsoft Edge パスワード保存の無効化

ブラウザの [設定] → [プロファイル] - [パスワード] へ移動して、[パスワードの保存を提案] オプションをオフに切り替える


Internet Explorer 11 パスワード保存の無効化

【1】

ブラウザの [インターネットオプション] → [コンテンツ] タブ → オートコンプリートの [設定] ボタンを押す


【2】

[フォームのユーザー名およびパスワード] オプションのチェックマークを外す

> https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/6883f6ce-0d1c-c2b9-e21e-705976d1c886


Google Chrome パスワード保存の無効化

ブラウザの [設定] → [自動入力] - [パスワード] へ移動して、[パスワードを保存できるようにする] オプションをオフに切り替える

> https://support.google.com/chrome/answer/95606?hl=ja


Mozilla Firefox パスワード保存の無効化

ブラウザの [設定] → [プライバシーとセキュリティ] へ移動して、「ログインとパスワード」 項目にある [ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する(R)] のチェックマークを外す

> http://mzl.la/1QTGGxf


☆ マスターパスワード機能

Mozilla Firefox ブラウザには、[マスターパスワードを使用する(U)] として マスターパスワード の仕組みが用意されてあり、マルウェアの感染が原因で盗まれる認証情報の悪用を阻止できます。

マスターパスワードでログイン情報を保護する
Firefox は他のブラウザーと同じく、電子メールアカウントや銀行のウェブサイトなどのオンラインサービスにアクセスするためのユーザ名やパスワードを保存できます。こうしたプライベートなデータの機密要素は、ローカルコンピューター上にファイルとして保存されているため、セキュリティリスクとなり、保護する必要があります。
http://mzl.la/1BAQynU

なお、Google Chrome や Microsoft Edge には、このようなマスターパスワード機能が存在しません。

ブラウザにクレジットカード情報の保存を無効にする方法

さらに、ブラウザに保存されている個人情報 (氏名、住所、電話番号)、クレジットカード情報の流出を低減する方法です。


Microsoft Edge その他の情報の保存の無効化

ブラウザの [設定] → [プロファイル] - [お支払い方法] へ移動して、[保存してお支払い情報を自動入力する] オプションをオフに切り替える

ブラウザの [設定] → [プロファイル] - [個人情報] へ移動して、[基本情報の保存と入力] オプションをオフに切り替える


Google Chrome その他の情報の保存の無効化

ブラウザの [設定] → [自動入力] - [お支払い方法] へ移動して、[お支払い方法の保存と入力] オプションをオフに切り替える

ブラウザの [設定] → [自動入力] - [住所やその他の情報] へ移動して、[住所の保存と入力] オプションをオフに切り替える





関連するブログ記事