<設定>Windows Defender定義バージョン確認と更新頻度1日1回

Windows 10セキュリティソフトMicrosoft Defenderウイルス対策で定義バージョン確認、更新アップデート方法、更新頻度1日の間隔を増やす設定。マルウェア対策クライアント、スキャンエンジン、ウイルス・スパイウェア定義パターンファイル最新版?

コンピュータ ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、バックドア、ランサムウェアなどの脅威に対抗する目的で Windows 10 に内蔵されている十分なセキュリティソフト Windows セキュリティ (Microsoft Defender ウイルス対策)

このセキュリティソフトには、ユーザーさんが気づかないうちにバージョン確認と更新を行う仕組みが備わっています。

  1. Windows セキュリティ Firefly
    マルウェア対策クライアント

  2. Microsoft Defender ウイルス対策 Firefly
    スキャンエンジンと定義データ

Windows 10 を常に最新の状態に保つことはセキュリティ対策の要であり、検出されない新しい脅威に立ち向かうセキュリティ製品の更新維持はけっこう重要です。


目視で Microsoft Defender 定義のバージョン確認

Microsoft Defender ウイルス対策 のバージョン情報を目視で把握して最新版か手動でバージョン確認する方法がコチラ♪


【1】

Windows のスタートメーニュー → アプリ一覧 の [Windows セキュリティ] をクリック → 左下の歯車アイコン [設定] → [バージョン情報] に移動して、バージョン情報を確認する Firefly

client-version
Windows セキュリティ システム情報


【2】

マイクロソフト Microsoft Security Intelligence (英語) のページにアクセスし、配信済みの最新バージョンを確認する


version-microsoft
セキュリティ インテリジェンス更新プログラム


【3】

Windows セキュリティ のバージョン情報で表記対応リストです。

  • Windows セキュリティ 本体
    「マルウェア対策クライアントのバージョン」 = 「Platform Version」

  • Microsoft Defender スキャンエンジン
    「エンジンのバージョン」 = 「Engine Version」 Firefly

  • Microsoft Defender 定義データ
    「ウイルス対策のバージョン」 「スパイウェア対策のバージョン」 = 「Version」

このうち、ウイルス対策とスパイウェア対策のバージョン情報が分かれているけれど、数値は常に同じです。

これは Windows XP 時代に提供されていた無料スパイウェア対策ソフト 「Windows Defender」、Windows Vista 時代に市販されていたセキュリティソフト 「Windows Live OneCare」 で、対応する脅威に違いが存在した名残り? 

Windows セキュリティ マルウェア対策クライアントの更新

Windows セキュリティ のマルウェア対策クライアントは、ユーザーさんが特に何もしていなくても無料で最新バージョンが自動的に適用されます。

マルウェア対策クライアントを更新する主な目的は 「パフォーマンスの向上」 「保守管理の向上」 となっていて、更新頻度はそれほど多くなく月に 0 ~ 2 回です。

【「マルウェア対策クライアント」 フォルダー】 Firefly
C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Platform\[バージョン]-0\
C:\Windows\System32\drivers\wd\

ちなみに、マルウェア対策クライアントのバージョン情報の前から 3 つ目の数値は、年月 「西暦の下2ケタ」+「月の2ケタ」 を示していて、たとえば 「 4.18.2001.10 」 なら 20201 月に準備されたバージョンになります。


マイクロソフトのサポート情報

「Microsoft Defender Antivirus のマルウェア対策プラットフォームの更新プログラム KB4052623」
(Update for Microsoft Defender Antivirus antimalware platform)

マルウェア対策クライアントのリリースノート (2019 年 11 月以降の変更履歴) Firefly

Windows Defender エンジンと定義データの更新

Windows Defender のスキャンエンジンと定義データは、ユーザーさんが特に何もしていなくても無料で最新バージョンが自動的に適用されます。

さらに、Windows セキュリティ → [ウイルスの脅威と防止] → [ウイルスと脅威の防止の更新] → [更新プログラムのチェック] ボタンを押すことで、スキャンエンジンと定義データを手動でバージョン確認して更新できます。

windows-defender-update
Windows Defender 手動でバージョン確認と定義更新

スキャンエンジンと定義データの更新タイミングは Windows 10 のサポート期間中 365 日休みなく毎日で、日によって更新頻度は違うけれど、多い時は定義パターンファイルが 1 日に 10 回近くも頻繁に配信されています。

【「スキャンエンジン」 ファイル】 Firefly
C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Definition Updates\{GUID値}\
・ mpengine.dll … Microsoft Malware Protection Engine
【「ウイルス対策」 「スパイウェア対策」 ファイル】 Firefly
C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Definition Updates\{GUID値}\
・ mpasbase.vdm … AntiSpyware Definition Database
・ mpasdlta.vdm … AntiSpyware Definition Update
・ mpavbase.vdm … AntiVirus Definition Database
・ mpavdlta.vdm … AntiVirus Definition Update

Windows Defender の定義データは、Emotet ウイルス が典型例だけど 『セキュリティ会社 vs サイバー犯罪者』 のイタチごっこにより、対応が必ずしも間に合わず後手に回る現実もあります。 <そこを補うため Windows Defender にはクラウド保護


マイクロソフトのサポート情報

「Microsoft Defender Antivirus のセキュリティ インテリジェンス更新プログラム KB2267602」
(Security Intelligence Update for Microsoft Defender Antivirus) Firefly

定義データで対応した脅威のリリースノート (直近 20 件) Firefly

Windows Defender 自動更新頻度の設定

Windows 10 環境の Windows Defender は、24 時間中に最低 1 回以上のバージョン確認が行われます。

マイクロソフトから日々配信されている Windows Defender のスキャンエンジンと定義データを、いち早く PC に適用させないと何だか落ち着かない不安な Windows ユーザーさんは、バージョン確認を行う間隔を縮める調整をしましょう。

Windows Defender でスキャンエンジンと定義データの自動更新頻度を増やす設定です。


① PowerShell を管理者権限で起動する

Windows のスタートメーニュー → [Windows PowerShell] → [Windows PowerShell] へ移動し、右クリックメーニューから 「管理者として実行する」 をポチッとな Firefly


② 次のパラメータを入力して、Enter キーをポチッと押す

Microsoft Windows Defender ウイルス定義パターンデータファイルの更新頻度を増やす設定 SignatureUpdateInterval
定義の更新確認の頻度を 3 時間ごとに設定した例

> Set-MpPreference -SignatureUpdateInterval [数値]

数値の範囲 1 ~ 24
デフォルト値 0 Firefly


[Defender 更新できない] [Defender 更新日] [Defender 更新 手動] [Defender 更新 終わらない] [Defender バージョン確認] [Defender 更新頻度] [Defender 更新履歴] [Defender 更新 自動] [Defender 更新 遅い] [Defender 更新 多い] [Defender パターンファイル 更新] [Defender 定義ファイル 更新 タイミング] [Defender 更新 スケジュール] …