最終更新 2020年12月26日

<エラー>tmcomm.sysブルースクリーン失敗はWin10 2004トレンドマイクロ関連?

Windows 10 2004ブルースクリーンのエラー発生トラブル「失敗した内容tmcomm.sys」とはトレンドマイクロのセキュリティ製品ウイルスバスター旧バージョン放置が原因か。解決できない迷惑ソフト宣伝の詐欺サイトに注意。

Windows のシステムドライバ 「tmcomm.sys」 は、セキュリティ会社 トレンドマイクロ が提供している有償のセキュリティ製品 ウイルスバスター のシリーズでインストールされる正当なファイルです。

tmcomm.sys ファイル
TrendMicro Common Module

トレンドマイクロによると、この 「tmcomm.sys」 の役割は 「ルートキット対策モジュール」 とのことです。


失敗した内容 tmcomm.sys ブルースクリーン

一方、「ウイルスバスター クラウド」 を旧バージョンのまま放置している Windows 10 環境では、「失敗した内容: tmcomm.sys」 として青い画面ブルースクリーン (BSOD) が表示されて PC の起動に失敗するエラーの引き金になっている模様です。

昨日、PCでiTunesをアップデートしPCを再起動したところ、青い画面が表示されPCの再起動を繰り返すばかりです。 青い画面には、停止コード:PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA 失敗した内容:tmcomm.sysと表示されています。 PCはWindows10になります。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14231331144
「Windows Update」にて「Windows 10、バージョン 2004の機能更新プログラム」が適用され、“再起動が必要です”と表示されたので再起動したら、「デバイスに問題が発生したため、再起動する必要があります。自動的に再起動します。失敗した内容:tmcomm.sys」画面が表示され、再起動後「自動修復」画面になり、[再起動]をクリックしても「自動修復」画面が繰り返し表示されて起動できなくなった
https://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata3/018777.htm

2020年時点で、最新の Windows 10 に対応している 「ウイルスバスター クラウド」 のバージョンは?

  • バージョン 17 Firefly
  • バージョン 16 Firefly
  • バージョン 15 Firefly

古い 「ウイルスバスター クラウド」 の旧バージョンがインストールされたままの Windows 10 環境は、「tmcomm.sys」 のブルースクリーンの不具合に巻き込まれないよう 「Windows 10 May 2020 Update」 へ更新アップデートする前に、あらかじめ 「ウイルスバスター クラウド」 のアンインストールが必要みたい。

  • バージョン 12 … 2019年 サポート終了済み
  • バージョン 11 … 2018年 〃 Firefly
  • バージョン 10 … 2017年 〃 Firefly

「tmcomm.sys」 の検索結果に詐欺サイト

ところで、ブルースクリーンでエラーになるトラブルの情報収集で、「tmcomm.sys」 をキーワードにググると…。

厄介なことに、Google や Yahoo! の検索結果には 迷惑ソフト を猛プッシュで宣伝…、問題の解決の手助けにならず 誇張した警告を表示する PC メンテナンスソフト の導入を巧妙に仕向ける 詐欺サイト が複数ヒットしますかい。

【迷惑ソフトを宣伝する詐欺サイト URL】
https://www.reviversoft. com/ja/processes/tmcomm.sys
https://www.exefiles. com/ja/sys/tmcomm-sys/
https://www.windowsfiles. jp/fairu/tmcomm.sys.html
https://www.exedb. com/jp/tmcomm.sys/64676
https://ja.nex-software. com/what-is-tmcomm
https://www.file. net/process/tmcomm.sys.html
https://file. info/windows/tmcomm_sys.html

この手の詐欺サイトの内容は、いずれも 「tmcomm.sys」 のエラーを何なりと解決できる手段っぽく装って Windows 向け実行ファイル (拡張子 .exe) をダウンロードするよう誘ってきます。

その正体は、次の海外製の PC メンテナンスソフトのインストーラーです。 <トレンドマイクロまったく関係ない


これら PC メンテナンスソフトは 迷惑ソフト と名指しされるシロモノのごとき、わざわざ導入する必要性や価値がありません。

結局は 「tmcomm.sys」 と何ら関係ない 『PC にエラーが大量に存在する』 という診断結果をユーザーさんに提示して驚かせた上で、クレジットカード決済で有償製品のライセンスを購入するよう催促してくるだけです。

有償の PC メンテナンスソフトは脅威の分類ではマルウェアでもなく、セキュリティソフトは必ずしも検出しません。

関連するブログ記事






Emotet の感染被害を無料で防ぐウイルス対策